エクステリア工事や室内リフォームで安心ライフ

住宅

バスタイムを快適に

女性

シャワー水漏れなどの水漏れの修理は、素人ではなかなかできないものなので、水回りの修理のプロに依頼します。事前に幾つかの業者に見積もりをとり、比較検討したうえで、納得できるところに依頼するのがよいです。

Read More...

理想の温度調整

状況確認中の作業員

エアコンが効率良く運転できれば、日々の光熱費も抑えることができるので一石二鳥と言っても過言ではないでしょう。こうしたことから、窓の断熱効果を高めるリフォームが人気を集めています。

Read More...

Associated Link

  • 株式会社安成工務店

    古くなった住宅は、福岡でリフォームしましょう。快適な住まいを手に入れられるので嬉しいですね。最新のシステムキッチンも導入できますよ。

温かいお風呂

家

現代では生活の出需品となっている給湯器。自宅に帰ると、温かいお風呂が待っている。そんな家庭は一般的に多く見受けられます。
リフォームでエクステリアや室内工事を行なうことが多くなっっています。中でも給湯器を設置するリフォームはとても人気です。
しかし、温かいお風呂と言いますが、蛇口からひねり出される水は普通常温です。では、温かい水はどうやって蛇口から出てくるかというと、給湯器の存在が欠かせません。
給湯器は普通の水をお湯に変える役割をしているのです。よって、自宅に給湯器を取り付けることで家庭でお湯を使用することが出来るのです。
現状日本の一般家庭ではほとんど給湯器が設備されていますし、取り付け工事や交換もエクステリアリフォーム業者に頼めばスムーズに行ってくれます。

給湯器にはいくつかの種類が存在します。大きさも様々で元になる熱源なども異なります。
一般的に電気やガス、石油、太陽熱などがあります。

電気給湯器・・主にオフィスなどで使われていて、コンパクトなサイズとなっています。
コンパクトなサイズのため設置場所の制限が少ないですし、電気を熱源としているので排気設備の工事が不要で空気も汚れません。取付け・交換工事に関してもスムーズに行えます。
稼働した時の音も静かで室内に置いての使用も可能です。また、いろいろな電気料金のプランが使えるのも魅力の1つです。

ガス給湯器・・主に一般家庭でお風呂を沸かすのに用いられているのがこのシステムです。
家族の人数や使うお湯の量で様々なクラスに分かれています。

石油給湯器・・パワーがあり、大量のお湯を必要とする浴槽などに用いられます。
経済的な面もあり、石油が安い時にはお得になります。たくさんのお湯を制限なく使えるのも魅力的です。

太陽熱温水器・・文字どおりに、太陽の熱エネルギーを使ってお湯を沸かします。
「エコ」と言う言葉を良く耳にする現状の中、太陽熱はとても環境への負担が少なく地球にやさしい「エコ」なエネルギーです。
反面、天気などに左右され使いたい時に自由に使う事が出来ない一面もあります。

給湯器は各家庭で設置するタイプが異なってきます。使用頻度や、場所、燃費、性能など様々で、いざ購入しようと思ってもどのタイプの給湯器が良いのか頭を悩ませてしまいます。そこで、給湯器の中でもお風呂などに使用頻度の高い、ガス給湯器について説明します。

給湯器から生み出されるお湯の量は「号」という数で表され、水温+25℃のお湯を1分間に20リットル出せれば20号となります。
号数の違いはお湯の量の違いで、シャワーだけの1箇所しかお湯を使わないのであれば16号で補えます。しかし、台所や洗面台等の他の場所と同時に2箇所使いたい場合などは20号以上、大家族などの人数が多い家庭では24号以上が一般的です。

まとめますと、普通の一般家庭だと16号から24号で十分に対応出来るということです。

家族が増えたり、使用頻度が増えた、などの理由で給湯器を交換したい場合は業者に相談して工事してもらえば問題無いです。

ガス給湯器の中にもたくさんの種類が存在します。中でも一般的なのが、給湯専用、給湯と追焚き、風呂釜の3種類です。

給湯専用タイプ・・主にお湯をつくることだけを機能としていて、家庭内の様々な所にお湯の供給が可能になります。基本的には、シャワーや浴槽への追焚きは出来ませんが、高温水供給タイプと呼ばれる種類は別で、追焚き機能の様に直接高温のお湯を供給してくれます。

給湯と追い焚きタイプ・・給湯専用タイプに追焚き機能を付随したかたちの万能型です。設置フリーなタイプもあり、浴槽から離れた所に給湯器を設置しなければならない場合などには便利です。

風呂釜タイプ・・基本的には浴槽にお湯を溜めたり、追焚きするのが目的なタイプです。洗面台やキッチンなどの他の場所への給湯は出来ず、それぞれの箇所に設置する時などに選ばれやすくなっています。

現状、一般家庭では給湯専用タイプと給湯と追焚きタイプが支流になっていて、以前に風呂釜タイプを使っていた家庭でも交換工事するケースが多いです。

給湯器の取付けや設置場所についてです。
給湯専用、給湯と追焚きタイプの取付け方法としては2種類存在し、据置き設置と壁掛け設置に分かれます。また、メーカーからはそれぞれの設置場所に合わせた製品が発表されていて、各家庭の設置場所に合わせて製品を選ぶことが可能になっています。

壁掛け設置型・・主に集合住宅やマンションの玄関近くで見かけるタイプがこれにあたります。

据置型・・野外に設置する場合、浴槽に近いタイプと設置がフリーなタイプに分かれます。

また、給湯器を取付け工事したり交換する際には日常生活に支障が出ないのかも視野に入れる必要があります。給湯器を稼働すると多少音が出ますので、寝室付近を避けたり、近隣の住宅への配慮なども大切です。

給湯器の新規取付けや、交換工事までの主な流れを説明します。

まずは現状調査を行います。新規取付けの場合は専門のスタッフが現地調査を行い、取付け位置などを確認します。交換工事の場合は、現在使用している給湯器の品番と写真を送り、事前に情報を知らせてから現地調査を行ってもらうとスムーズに行きます。

次に、見積もりをお願いします。現地調査で得た情報(品番・写真・その他)を元に確定していきます。注意点としては、後で追加料金がでないよう見積もりを提示してもらうことが大切になります。

見積もりに納得頂いたのなら、いよいよ取替・取付け工事になります。業者の工事スタッフとお客さんとで、都合の良い日時を相談し設定して工事に取り掛かります。

また、業者によってさまざまなアフターサービスも行っていますので、どういった保障があるのか確認しておくとトラブル時などに助かります。
給湯器の取付け工事や交換工事に関しては、各専門の業者によって値段もサービスも多少異なってきますので、各個人にあった業者を選び十分に相談、検討したうえでの工事依頼をしていきましょう。

方法としては、電話で直接業者に問い合わせるか、Webなどで検索してみると詳しく説明がのっています。


床暖房で快適フローリング

家

床暖房にリフォームする人が増えているのです。それは、他の暖房器具と比べた時に結露の原因となる水蒸気を発生させることがないため建物や人にやさしい空調器具となっているからです。ですが、床暖房のリフォーム費用が気になる人が多いでしょう。

Read More...