ファッションレンタルが抱えるデメリットとは?

ファッションレンタルが抱えるデメリットを説明するサイト

日々の悩みの一つ

ファッションレンタルサービスとは何か

ファッションレンタルサービスのデメリットについてお話する前に、このサービスは一体どのようなものなのかご説明します。

ファッションレンタルサービスは、普段着などの日々着るような私服やパーティードレスのようなハレの日向けの洋服などをレンタルしてくれるサービスです。
利用料金は、月額制である場合が多いです。
レンタルプランによって月額料金も異なっており、それに応じて借りることができる洋服や小物などのアイテム数が違います。

毎日着る洋服であっても沢山は持っていないから日々コーディネートするのは大変だけど、家にこれ以上洋服を増やすことができない、という方や、私服は問題ないけれど、時折着なければならないパーティードレスをいちいち私物として用意できない、という方が利用登録されていることが多いです。

好みでない服が届く

それでは、ファッションレンタルサービスのデメリットに迫りましょう。
まずは「好みでない服が届く可能性」についてです。

このサービスには、大きく分けて二つの型があります。
自分で好きな洋服などのアイテムをチョイスできる型と、サービスを提供する側が抱えているスタイリストが顧客に似合うであろう洋服をチョイスしてくれる型です。

自分で選ぶ型のサイトやお店であれば問題はありませんが、スタイリストが選ぶ場合は、顧客の好みからはずれた洋服が選ばれて送られることもあります。
好みに合わなかった場合は、他のものに交換してもらえたり、スタイリストにどのような服が好みであるといった要望を伝えることはできます。
しかし、具体的に「このブランドの洋服がいい。」というような指定は不可能です。

しっかり、自分にあったサービス展開かをリサーチしておく必要があるのです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る