ファッションレンタルが抱えるデメリットとは?

ファッションレンタルが抱えるデメリットを説明するサイト

弁償金を請求されることも

弁償金を請求されるとは一体

ファッションレンタルサービスでは、顧客に対して弁償金を請求することがあります。
もちろん、しっかり注意事項に記載されていることですが、それを把握しないまま気付いたら請求書が送られてきたらびっくりしてしまいますよね。

ファッションレンタルサービスでは、洋服などをレンタルすることができるサービスで、当然のことですが、その洋服は顧客側からすると借り物です。
弁償金を請求されるのは、その借りている服をひどく破損や汚損した場合においてのことです。
借り物なのですから、貸している側からそのような対応を迫られるのは当たり前のことではありますね。

しかし、どのような程度の破損や汚損だと弁償しなければならないのか、と不安に思う方もいらっしゃると思います。
その例を挙げますね。

破損と汚損について

例を挙げると、服を破いてしまった、ファスナーを壊してしまった、ボタンが取れてしまった、ひどいシミをつくってしまった、というものが破損や汚損として弁償金を請求される対象になることが多いようです。
借り物なのですから、いろんな場所に身に着けるものとはいえ、大切に扱わなければなりませんね。

ファッションレンタルサービスは最近人気が増してきていますが、流行に流されないようにしましょう。
便利なサービスも、利用の仕方を誤ると、デメリットが際立ってしまって逆に不便になるかもしれません。
自分の場合は本当に利用する必要があるのか、自分はそのサービスに向いているのかキチンと考えてから、利用するか決定した方が良いですね。


この記事をシェアする
TOPへ戻る